DAHON K3を買って最優先で交換すべき部品はハンドルのグリップ

ダホンK3に乗り始めて、最初に不満を感じたパーツはハンドルまわりだ。完成車についているEVA製のスポンジグリップは超軽量だが、握り心地がベストとはいえない。長時間乗っていると手の平が痛くなってくる。

また、手が内側を向くドロップハンドルやブルホーンに比べて、横向きのフラットハンドルはやはり握りにくい。街乗り程度なら問題ないが、ロングライドになると腕が痺れてブレーキレバーを引きにくくなる。バーの向き以外に、ポジションを変えて休めないという理由もあるのだろう。

K3を改造するにあたって優先度が高いのはハンドルのグリップ交換。多少重量が増えても他社製のエルゴグリップに付け替えれば、数千円程度の投資で快適さを大幅に向上できる可能性がある。初期装備のダホン純正折りたたみペダルも評判が悪いが、グリップに比べれば足を痛めるほどの不良品ではない。

初期装備のEVAグリップは手が痛む

K3に最初からついているグリップはスポンジ素材の超軽量タイプ。見た目からすると、KCNCのEVAグリップと同等品に思われる。この製品の参考重量はペアでわずか12g。

触った感触は悪くないのだが、素手で握って10km程度走ると、もう手の平が痛くなってくる。そのまま70kmほどツーリングに出かけて帰ってくると、両手が赤く腫れてしまった。

対策として、パッド付きの自転車用グローブを着ければ痛みは緩和されるようだ。薄い当て布が付いているだけのBBB製格安グローブでも効果はあった。

BBBのサイクルグローブ

手の平が腫れるのは、ハンドルと接触する面積が小さいことが原因だと思う。エルゴタイプの幅広グリップに交換すれば、大幅に改善できるだろう。

評判のよいエルゴンのグリップ

グリップの交換パーツとしてはERGONの評判が良い。握り方に合わせて端が広がったエルゴノミック形状で、ちょうどよい具合に手の平に加わる圧力を分散してくれそうだ。

エルゴンのグリップはバーエンドの長さに応じて1から5までのバリエーションがある。バーが長い方がポジションの自由度は広がりそうだが、車体の折りたたみに支障が出る恐れがある。

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP5 グリップ (L)

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP5 グリップ (L)

6,739円(09/21 15:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

製品の価格はバーの長さに比例するうえ、ペアで数千円する高級品。とりあえず複数買って試すというわけにもいかない。グリップ部分のゴムの寿命は数年らしいが、室内保管すればもっと長持ちするだろう。2~3年は使い込む覚悟でエルゴンを買うとしたら、間違いない型番を選びたい。

通販サイトを探したところ、エルゴンと似た形で安価な類似品が売られている。聞いたことのないメーカーで千円以下のものから、ギザプロダクツやゴリックスの中堅クラスは2千円台。

ドッペルギャンガーは安価なイメージだが、エルゴグリップはバーエンド可変式で高機能なようだ。エルゴンの同等品より半額程度で手に入る。

イオンバイクの安いバーエンドで実験

適切なバーの長さは実際使ってみないとわからない。そこで試しに安いバーエンドだけ買って使用感をチェックしてみることにした。選んだのはイオンバイクオリジナルのアルミ製バー。BBBの定番品より千円以上安く手に入った。

ハンドル芯から先端までのリーチは125mm。直径はK3のハンドルと同じ22.2mm。細くて滑るので、バーエンドにもグリップをはめるかバーテープを巻いた方がいいと思う。

イオンバイクの安いバーエンド

見た目は素っ気ないが、テストするにはこれで十分だ。六角レンチでネジを締めれば、しっかり固定もできる。

バーエンド単体としては、店頭で試したサーファスのスタビライザーも握り心地がよかった。

価格は2千円以下でペア110g。重量を増やさず先端持ちのポジションを増やすだけなら、これもありろう。ミニマムな改造で大幅に快適さをアップできる。

EVAグリップの取り外し方

バーエンドバーを取り付ける際に厄介なのが、既存のEVAグリップを引っこ抜く作業。素手で外そうとすると、思いのほか力が必要だった。

ダホンK3、グリップの外し方

少しずつ回しながら取り外すしかなく、手際よく作業するには潤滑用の洗剤でも塗った方がよさそうだ。エアコンプレッサーがあればグリップは楽に着脱できるらしいが、さすがにそこまでの工具は持ち合わせていない。

着脱を繰り返すと、今度は摩擦力が落ちて運転中に勝手に回ってしまいそうだ。よく見るとK3のスポンジグリップは左右非対称で取り付け方向が決まっており、再装着に手間取ったのは逆向きだったからかもしれない。

ダホンK3、バーエンドのプラスチック製キャップ

グリップ端部にはプラスチックのキャップがはまっているが、締め付けがゆるくて勝手に取れやすい。壁や扉にハンドルの端をぶつけて、いつの間にか行方不明になっていることがある。

バーエンドバーの着脱利用

フラットハンドルにバーエンドバーを付けると、平地よりも上り坂でメリットを実感できる。上りは基本的に低速なので、とっさにブレーキレバーを握って減速する必要もない。

一方で平地を高速巡航する場合は、基本的にTTバイクのエアロバーと同じ運用になる。交通規制されたレースやサイクリングロードでは、ハンドルを握るポジションが増やせて疲労の蓄積を防げる。

前に突き出たバーエンドを持てば、前傾姿勢になり空気抵抗が減る利点もある。しかしブレーキングが遅れるので、公道ではまず握れるチャンスがない。特に14インチ小径車の場合は路面の凹凸に神経質になるので、常にブレーキレバーに指をかけていないと不安に感じる。

そもそもK3は街乗りがメインで、本格的なロングライドやヒルクライムという用途は想定されていない。近所にあるちょっとした坂を有利に上るためだけに、長めのバーエンドバーを付けるのは大げさに感じる。

バーエンドバーのデメリットを整理すると、

  • パーツの追加により車体重量が増える
  • ハンドルから突き出た部分が服などに引っかかる
  • 折りたたみ時に他のパーツと干渉する

もし輪行やツーリングで本格的な峠を上る機会があれば、そのときだけバーエンドバーをアタッチするのが合理的といえる。棒付きのちくわのように、グリップ端部にパイプの余白を設けておいて、そこを使ってバーを着脱するというのも一案だ。

バーエンドを付けたまま折りたためる

ブレーキレバーの内側/外側、いろいろな位置にバーを取り付けて使い勝手を試してみた。結果的にはフラットハンドル両端に少し上向きで装着する方法に落ち着いた。

ダホンK3、折りたたみ時のバーエンドバー干渉

K3の折りたたみ事情を考えると、ブルホーンへの換装やバーエンドバーの取り付けはハードルが高い。ブレーキレバーやシフターを少し内側に寄せただけでも、どこかしらのパーツと干渉して完全に閉められなくなってしまう。

リーチ100mm程度のバーエンドなら、ハンドル両端に取り付けることで折りたたみ収納は可能だ。ステムのクリップをゆるめて、ハンドルごと回転させればタイヤの隙間にバーエンドを通せる。ブレーキの内側など狭い幅でバーを設置してしまうと、スタンドかチェーンステーに当たってしまう。

ブルホーンかエルゴグリップか

工夫すればK3のハンドルをブルホーンにも交換できると思う。すると今度はVブレーキとの互換性という新たな課題が出てくる。今後ビッグアップルの太いタイヤに交換することを考えると、ブルホーン用のエアロブレーキでも引けるというコンパクトVブレーキに乗せ換えるのはためらわれる。

現状でK3のハンドルまわりを快適にする最適解は、バーエンド付きのERGONグリップを装着することだろう。125mmのバーエンドを付けたままたためたので、GP/GS3くらいまでの長さなら問題ないはずだ。

改造にかかる費用を考えても、むやみにハンドルごと交換するより幅広フラットバーのままエルゴグリップを付けるのが手っ取り早い。安価なバーエンドでもポジションを増やせるメリットを実感して、折りたたみに支障ないことも確認できた。しばらくバーエンドを使い込んで、最適なバーの長さを検討してみたいと思う。